新デザイン_タイトル2020.jpg

 国際茶道教室は、地球上、どこの国でも同じ点前でできる1種類20分の茶道です。正座の苦手な方(外国人、高齢者、ひざ痛の方、自宅に和室のない若者など)が自宅で楽しめます。

現在の茶道界では、茶道の本質である「わびの心」よりも、高価な道具を主体とする形式的な茶会が広まっています。表千家は100種類を超える点前があり、点前を覚えるだけでも相当な時間がかかってしまいます。また、一般的な茶道教室では、先生1人に対して複数のお弟子さんが一堂に集まって稽古を行っています。
 当教室は、表千家の流儀に沿った点前を1種類に限定し、マンツーマンスタイルでお弟子さん一人ひとりに合わせた上質な稽古を行っています。高価な道具や形式的な点前よりも「心のありよう」に重きを置きます。

 また、点前にかかる時間が20分と短く、ポットを使用するので、最低限の道具をそろえれば気軽にご自宅でも、また海外ででも「癒しの時間」を持つことが出来ます。

国際茶道教室とは.png
IMG_1683.JPG

現代を生きる方は、テレビやスマホといった外部からの情報や刺激に囲まれ、自己の内面と向き合う機会がありません。20分間の点前をすることで、まわりからの影響を受けず「無」になることができます。「無」になることによって、無意識のうちに自己の内面と向き合うことができ、メンタルな部分がよく働きます。そして、どんなことにおいても大切な「落着きと集中力」が格段に深まり、本人の潜在能力を高めます。

点前を通じて「無」になることによって、メンタルな部分の活性化だけでなく、心と身体の不調の改善にも効果があります。「無」になると自ずと心身が解放され、心身のバランスが回復します。そのため、日常生活の中で知らない間に抱えたひずみから解放され、心身の不調が解消されます。肩こり、偏頭痛、ひざの痛みなどが解消したお弟子さんも多くいます。また、心の状態が安定するので、うつ病や依存症の予防にも効果的です。

抹茶は、多くの栄養や成分が含まれている健康・美容に役立つ最高の総合サプリメントです。その効用は、リラックス効果、ストレス抵抗力、睡眠改善、美肌効果、風邪予防、がんの予防など様々です。世界的にも抹茶は健康飲料としてブームになっています。また、高齢化の進む中、日本で大きな心配となっているのは認知症ですが、抹茶の成分には認知症の予防にも効果が大きいことがわかっています。あわせて毎日20分の点前で、指先を使い細かい所作をすることで、さらに認知症の予防が期待できます。

母が夕食後、ポット点前で抹茶を点ててくれます。集中力が深まり、数学の成績が20点台から80点台に飛躍しました。(14歳・女性)
2カ月の稽古で自宅での勉強時間が30分から2時間に増えました。(16歳・女性)
稽古に来るようになってテストの成績が常時上位5%以内に入るようになりました。(20代・学生)
中途採用の就職活動で3社から内定をもらい、
新人研修で東京本社に抜擢されました。(30代・男性)
2児の母ですが、稽古のおかげで落着きと集中力が深まり、
大学院に無事合格しました。(30代・女性)
6回落ちた国家試験に稽古入門後合格しました。
(30代・社会人)
認知症ですが、4カ月の稽古で茶道の時は正常に戻れます。
(80歳・女性)
薬を飲みながら稽古に通っていましたが、点前を通じた心地よさに自然とうつ病が完治しました。(30代・女性)